チェリーカジノの登録から入出金方法、賭け方まで詳しく解説!!

F1第15戦シンガポールGP

Pocket

 

F1第15戦シンガポールGPが9月16日にマリーナベイ・ストリートサーキットにて開催となります。

ナイトレースでお馴染みのシンガポールGPは、シンガポール中心地の道路を封鎖して作る市街地コースとなっています。

全体的に中低速コース仕様となっているので、現在コンストラクターズ、ドライバーズで1位となっているメルセデスにとっては、苦手な低速コースだけにフェラーリとレッドブルにはチャンス到来のGPと言えます。

ただ予選結果を見るとポール・ポジションを獲得したのはメルセデスのルイス・ハミルトンでした。

市街地コースの全般に言えることですが、車幅が狭く追い抜きポイントが少ないことからも勝つためには予選順位が重要視されます。

過去10回のシンガポールGPにおいて7回がポール・トゥー・ウィンを決めていることからも、ルイス・ハミルトンが優勝に一番近い存在であることは間違いありません。

予選2位のレッドブルのマックス・フェルスタッペンと3位フェラーリのセバスチャン・ベッテルの巻き返しにも注目したいと思います。

ではシンガポールGPの優勝者予想オッズをブックメーカーから見ていきましょう。

ブックメーカーウィリアムヒル

ルイス・ハミルトン 1.91倍、セバスチャン・ベッテル 3.50倍、マックス・フェルスタッペン 4.33倍、

ブックメーカー10bet

ルイス・ハミルトン 1.83倍、セバスチャン・ベッテル 3.50倍、マックス・フェルスタッペン 4.20倍、

ブックメーカーチェリーカジノ

ルイス・ハミルトン 1.91倍、セバスチャン・ベッテル 3.50倍、マックス・フェルスタッペン 4.20倍、

現在のオッズを見るとやはりポール獲得のハミルトンが人気を集めています。

近年は中低速コースが苦手と言われ続けているメルセデスですが、意外にもシンガポールGPを2年連続で制しているのはメルセデスです。

高速コースでは無類の強さを発揮するメルセデスだけに、あくまで高速コースと比べれば中低速コースがウィークポイントと見られるだけで苦手と言われる程ではないのかもしれません。

中低速コースを得意とするフェラーリとレッドブルが高速コースに対応してきていることを考えれば、メルセデスも同じように中低速コースに対応するのは当たり前のことです。

よってハミルトンがポール・トゥー・ウィンで決まりそうな感じはありますけど、付け入るならシンガポールGP現役最多の4勝を誇るセバスチャン・ベッテルしかいませんが、前走イタリアGPの不甲斐なさが気になります。

シーズン序盤で苦しんだメルセデスが終盤に入り、息を吹き返した感があるのに対して、序盤は順調だったフェラーリの勢いが落ちてきたようにも見えます。

どちらにせよ、ハミルトンかベッテルのどちらかで決まることは間違いないと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。