チェリーカジノの登録から入出金方法、賭け方まで詳しく解説!!

東レ・パン・パシフィックオープン2回戦「大坂なおみvsドミニカ・チブルコバ」

Pocket

 

東レ・パン・パシフィックオープン2回戦「大坂なおみvsドミニカ・チブルコバ」が9月19日にアリーナ立川立飛にて開催となります。

全米オープンを制した世界女王の大坂なおみが日本凱旋試合に望みます。

対戦相手のドミニカ・チブルコバはWTAツアー優勝8勝を挙げるスロバキアの強豪選手です。

今シーズンも4大大会のウィンブルドンでベスト8まで勝ち上がっている選手ですから自力のある選手なので、初戦の相手とすれば少し厄介な選手と言えそうですが、大坂選手には世界女王に相応しい勝ち方が求められる試合とも言えます。

では大坂なおみvsドミニカ・チブルコバの勝敗オッズをブックメーカーから見ていきましょう。

 

ブックメーカーウィリアムヒル

大坂なおみ勝利 1.44倍、ドミニカ・チブルコバ勝利 2.75倍、

ブックメーカーnetbet

大坂なおみ勝利 1.43倍、ドミニカ・チブルコバ勝利 2.80倍、

ブックメーカーチェリーカジノ

大坂なおみ勝利 1.43倍、ドミニカ・チブルコバ勝利 2.80倍、

 

現在のオッズを見ると大坂選手の方が断然人気を集めています。

両選手の世界ランキングを比べても大坂選手が7位でチブルコバ選手が29位ですから大坂選手の方が格上と言えます。

今シーズンの活躍から言っても大坂選手が人気するのも当然です。

チブルコバ選手は4大大会の優勝経験はないものの、2016年にWTAツアーファイナルを制した経験を持っています。

2017年3月には自己最高記録となるランキング4位にまで登り詰めていますけど、2017年、18年と思うような成績を収めることが出来ずに苦しんでいます。

年齢は29歳と若くはありませんが、肉体的ピークを過ぎたとも言えない年齢ですし、2016年にはWTAカムバック賞を受賞した経歴を持っている選手ですから、近いうちに不調から脱出しそうな予感はあります。

両選手は2016年の東レ・パン・パシフィックオープンで対戦済みで、この時は大坂選手が6-2、6-1のストレートで勝利を収めています。

最近の大坂選手の活躍を見ていると世界中で大坂選手に勝てる選手は何人もいない状況と言えますので、復調途上のチブルコバ選手に手こずるはずもなく、チカラの違いを見せてくれると断言します。

よって今回の勝敗予想は、人気通り大坂なおみ勝利で間違いないと言えます。

1つ心配なのは全米オープンファイナルまで戦った疲労が残っていないか?だけですけど、日本に帰って来て相撲観戦など日本を満喫している報道を見ると、とてもリラックスしているようで安心します。

なので疲労も無く本来のチカラを出せる状態にあるとみて問題ないと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。