チェリーカジノの登録から入出金方法、賭け方まで詳しく解説!!

トップ杯東海クラシック

Pocket

 

男子国内ゴルフツアーのトップ杯東海クラシックが9月27日から30日までの4日間、愛知県の三好カントリー?楽部西コースにて開催されます。

ディフェンディングチャンピオンとして今シーズンは米ツアーを主戦場としていた小平智が参戦する他、前週のアジアパシフィックダイヤモンドカップを制した池田勇太、昨年2位の時松隆光、石川遼など錚々たるメンバーが出場予定となっています。

なかでも池田勇太は8月初旬に行われた全米プロ選手権で65位と奮わなかったことが発奮材料となったのか?

帰国初戦のKBCオーガスタで7位、続くフジサンケイクラシックで6位、次のISPSハンダマッチプレーでも4位と試合を重ねるごとに好成績を挙げてゆき、ついには前週のアジアパシフィックダイヤモンドカップで優勝を飾るまでになっています。

今の池田勇太の勢いは本物と見て間違いないでしょうから自身初のトップ杯東海クラシック制覇と2週連続優勝の期待も掛かります。

ではトップ杯東海クラシックの優勝者予想オッズをブックメーカーから見ていきましょう。

 

ブックメーカーウィリアムヒル

池田勇太 7.50倍、今平周吾 8.00倍、小平智 15.00倍、

ブックメーカー10bet

池田勇太 7.25倍、今平周吾 7.75倍、小平智 16.50倍、

ブックメーカーチェリーカジノ

池田勇太 7.25倍、今平周吾 7.75倍、小平智 16.50倍、

 

現在のオッズを見るとやはり池田勇太が人気を集めています。

2番人気の今平周吾も池田勇太同様に全米プロ選手権に出場後、KBCオーガスタで3位、続くフジサンケイクラシックで2位、ISPSハンダマッチプレーで2位、アジアパシフィックダイヤモンドカップは16位と次々に好成績を挙げている選手です。

シーズン通して安定したゴルフを見せている今平周吾ですけど、不思議と今シーズンはまだ優勝がありません。

前週は池田勇太が今シーズン初優勝を成し遂げただけに今回は今平周吾の番となるかもしれません。

3番人気となっている小平智は昨年の覇者で参加選手の中でも実績、実力は随一ですから当然優勝候補に挙げなければならない選手です。

ただ昨年とは異なり小平智は米ツアーを主戦としてきましたから、2か月ぶりとなる日本のツアーでいきなり優勝を望むのは酷と言った印象を受けます。

そして1970年から続く歴史ある今大会に置いて、数々の名選手が挑んできましたが連覇した選手は一人もいませんので今回連覇に挑戦する小平智も厳しいような気がします。

よって現在の調子と直近の成績で見るなら池田勇太と今平周吾の一騎打ちになると予想致しますので両選手を優勝候補に選出したいと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。